×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



海水LINK集

茹でてから冷水で冷やした中華麺を深めの皿に盛り、その上に細切りのハムや叉焼、錦糸卵、キュウリやトマトなどの具をそれぞれ互いに混ざることのないよう放射状に彩り良く盛り付け、醤油と酢あるいは芝麻醤(ゴマだれ)をベースにした冷たいかけ汁をかけて食べる。細く裂いた蒸し鶏、キュウリにゴマだれをかけたバンバンジー様のものもある。練りからしを添えて食べるのが定番。細切り紅ショウガも相性が良い。マヨネーズを添える地方もある。夏バテなどを催させる日本の厳しい夏の間、そのさっぱりした食感や栄養価の高さから、家庭食・外食を問わず、特に好まれる料理であり、夏の風物詩であり季語にもなる。多くの中華料理店では、秋から春にかけてはメニューに置かず、夏の訪れと共にメニューに追加すると「冷し中華始めました」という貼紙を店に貼り告知する。コンビニエンスストアにとっては夏の主力商品となる(3月中旬頃から発売しているコンビニもある)。

ノッツェ やずやの千年ケフィア ドクタータカハシ リルジュ アイラッシュエッセンス クリティア ヨガLAVA ブライダルネット パートナーエージェント リフィート にんにく卵黄

その発祥の解釈には諸説ある。 中国、香港、台湾などの中華圏においては、拌麺(en:Lo mein)とは茹でた麺を様々な具材や調味料で和えた料理の総称であり、その中に冷麺/涼麺(リャンメェン)や冷拌麺/涼拌麺(リャンパンメェン)と呼ばれる麺料理が存在する。麺は日本の冷やし中華ほど冷たくなく(冷水や氷を使って食品を直接冷やす慣習が無く、団扇や扇風機を使って茹でた麺を冷ますため)、花生醤(ピーナッツ・ペースト)や芝麻醤(すり胡麻)を用いた濃厚なタレがかかっており、例えば鶏絲涼麺(チースーリャンメン、茹で鶏と胡瓜の千切りのせ)はゴマだれの冷やし中華の源流となっている可能性もある。日本における酢を使用した冷やし中華とは異なる趣の料理であり、一般的に中華系民族は酸味のある冷たい料理を食習慣から腐敗による酸味と捉えるため、日本の冷やし中華や酢飯などを嫌う傾向がある。 1929年(昭和4年)に発刊された「料理相談」(安東鼎編、鈴木商店出版部)という本には冷蕎麦(ひやしそば)の一項があり、シナそばを茹で、酢、砂糖、氷をまぶし、その上に叉焼、キュウリ、ラッキョウ、タケノコを乗せ、冷スープ、醤油、酢、コショウをかけるとの記述がある。 1936年(昭和11年)に発行された雑誌『栄養と料理』には三絲涼麺(サンスーリャンメン)として鶏肉、焼豚、キュウリ等を細切りにして、水にさらした麺の上にのせ、酢、砂糖、醤油等のタレをかける料理が紹介されている[1]。 仙台市錦町の龍亭では、冷し中華(同店では涼拌麺と呼んでいる)が発売されたのは、1937年(昭和12年)のこととされる[2]。「仙台支那ソバ同業組合」(現・宮城県中華料理環境衛生同業組合)の会合で、中華料理店共通の問題である夏の売り上げ低下の解決法、及び、多数の観光客が集まる仙台七夕の際に売れる目玉商品の開発について話し合われ、当時の組合長の龍亭店主を中心に、龍亭閉店後の深夜に集まってざるそばを元に新商品開発を行った。それは現代の冷やし中華とは異なり、湯がいたキャベツ・塩もみきゅうり・スライスしたにんじん・チャーシュー・トマトを具として上に乗せた物だった。当時人気メニューとなったというが、戦中・戦後の食料難の間メニューからは消えており、その後昭和20年代後半になり復活したが 1965年(昭和40年)まで当初のスタイルを踏襲していた。その後徐々に現代風にスタイルを変化させている。 他方、細切りの具を彩りよく盛った現代風の冷やし中華の原型は五色涼拌麺(五目冷やしそば)として東京都神保町の揚子江菜館で第二次世界大戦後または1933年(昭和8年)に創作されたとされている[3]。2代目オーナーの周子儀が、上海で食べられていたもやしと細切りの肉を冷した麺に乗せて食べる涼拌麺とざるそばから着想を得たとされる。様々な細切りの具を皿の中心から放射状に盛る独特の形式は富士山とそこに積もる雪をイメージして作られた。 また、京都の「中華のサカイ」は、創業時(1939年)より、ゴマだれを使った「冷麺」(関西での「冷し中華」の呼称)をメニューに載せており、関西では、関東以北の「冷し中華」とは、異なり、独自に発展したとする説もある。 戦後、寿がきやが心太(ところてん)のつゆ(三杯酢)を冷やしたラーメンに掛けたのが今のスープによる冷やし中華の発祥とする説もある。 昭和30年代には首都圏の中華料理店では「冷やしそば」の呼称がよく使われた。 1966年(昭和41年)、東洋水産が家庭向けに乾麺タイプの酸味の冷やし中華を「冷やしラーメン」の商品名で発売し、全国的にヒットした。 1983年、明星食品がゴマだれのインスタント乾麺、「中華三昧 上海風涼麺」を発売し、ゴマだれ風味が全国区となる。

うるおいのもと プラソン ノッツェ レオパレス21 やずやの香醋 ノッツェ デルメッド 栗東スポーツ ミョウバンクリーム マッチ・ドット・コム

* 北海道では、この調理方法の麺料理を冷やし中華とは言わず、冷やしラーメンと呼ぶと言われているが、札幌近郊では冷やし中華と言っている。 * 北海道の居酒屋には、季節メニューではなく一年中供される「ラーメンサラダ」(略:ラーサラ)が存在する。冷やし中華と比べて麺の上に乗る野菜類が多いため、道民はサラダの一種と見なしている。また、居酒屋で供されることから、複数で取り分けて食べるのが一般的。札幌グランドホテルのビアホール「ビッグジョッキ」が発祥である。 * 盛岡では冷風麺と呼ぶ。東北地方では、仙台の「冷し中華」の他に、山形の「冷やしラーメン」、盛岡の「盛岡冷麺」を加えて、「みちのく三大冷やし麺」 と言われる時がある。但し、仙台と盛岡はそれほど夏が暑くないので、夏の冷やし麺の人気はそれほどでもない。一方、山形市はフェーン現象のために夏はかなり暑くなるので、冷やしラーメンの人気は高い。 * 山形県、福島県や東海地区ではマヨネーズを添えることが多い。東海地区を中心にチェーン展開する寿がきやの影響と言われている(寿がきやの冷やし中華のTVCMでは、独自の歌と共にマヨネーズをかけることをアピールしている)。また東海地方のコンビニエンスストアで売られている冷やし中華にもマヨネーズが付いてくる。 * 関西以西ではこの調理方法の麺料理を一般的に「冷麺」と呼ぶ。いわゆる朝鮮半島式の「冷麺」と区別する必要があるときは中華風冷麺や「涼麺(リャンメン)」などと呼び、朝鮮半島由来の冷麺は「韓国(または朝鮮、平壌、韓式、咸興式)冷麺」と呼ばれることが多い。 * 広島県の呉では平麺が一般的である。

ユーポス いまのりくん バイクブロス プラソン ツヴァイ アテニア ミスパリ プレマリ エルセーヌ 茶のしずく石鹸

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



Copyright (C) 2009 ドリフト走行LINK集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4